PRTGネットワークモニター

エージェント不要のネットワーク、デバイス、 トラフィック監視ツール

これ1つで全てをモニター

PRTGはネットワークやCPU、ストレージ、Webサーバ、データベース、プリンタ、UPSなど、あらゆるものを監視するシステムです。Windowsベースのオンプレミス版とクラウドサービスがあり、わかりやすいグラッフィクのダッシュボードとモバイルアプリでデジタル資産の全てをモニターできます。

エージェント不要、自動認識

PRTGはネットワークにつながっているサーバ、端末、NAS、プリンタなどを自動的に認識します。デバイスを発見するだけでなく、ポートをスキャンしてDNS、HTTP、SSL、SMTP、IMAP、FTPなどのサービスを認識し、状態を監視し続けます。そのため、初期設定作業の手間が大幅に短縮でき、すぐに運用に入れます。また、自動的に認識できなかった特殊なサービスなども簡単に追加できます。
PRTGはオールインワン設計なので、監視ツールでは一般的な監視対象へのエージェントのインストールは不要です。アプリケーションを立ち上げるだけで済むので、この点でもスピーディーな導入が実現します。

豊富な監視対象

PRTGはあらゆるものを監視できます。

  • Ping、ネットワーク速度、CPUロードアベレージ、温度、メモリ使用量、HDD使用量、プリンタ、ルータなどのハードウェア
  • MySQL、Postgres、Oracle、Microsoft SQL Server
  • ネームサーバ、Webサーバ、SMTP、IMAP、SSH、SSLなどのサービスの稼働状態と応答時間
  • パケットスニッファやNetFlow、jFlow、sFlow、IPSLA、IPアドレスやポートのモニタリング
  • などの稼働状態とクエリの実行時間など

これらのほかにも、AWSなどのクラウド、CDNやデータセンターの監視、はてはマシンルームの温度などもモニターできます。Webサーバのモニタリングでは、世界各地に配置したPRTGクラウドを使い、ワールドワイドの到達性をチェックできます。

複数拠点に設置し一元管理

いくつもの拠点に分かれた大規模なネットワーク構成をもつ場合、PRTGをそれぞれに配置して1つのダッシュボードで一括管理できます。また、クラスタリングができるので、監視を止めずにソフトウェアのバージョンアップが可能です。

見やすいダッシュボードとスマホへのプッシュ通知

視認性の高いダッシュボードはひと目で状況を判別できます。デザインを自由にカスタマイズすることもできるので、特に注目したい項目を優先することができます。また、データを公開することも可能です。異常な値が現れたり、インシデントが発生しそうな兆候があると、アラートを発します。スマホアプリにプッシュ通知したり、メールやショートメッセージで知らせることもでき、アラートの内容も自由に変更可能です。

透明でリーズナブルな価格体系

PRTGの価格体系は、センサーと呼ばれる監視項目の数とPRTGのサーバへのインストレーション数に応じたものになっています。オンプレミス版では500センサー・1インストールの年額1600ドルから、クラウド版が月額149ドルからとなっています。30日間、センサー数無限のトライアルや、センサー数100までのフリー版もあので、じっくり試してから導入を決定できます。