Special Interview:Alex Solomon, Co-founder and CTO, PagerDuty

24/7のシステム運用に欠かせないインシデント管理システムの雄として、世界に1万2000社のユーザーを持ち、国内でも導入企業が増え続けているPagerDutyのCTO兼共同創業者のAlex Solomon氏が、日本のユーザーとのコミュニケーションを取るためにこのほど来日した。アジア太平洋(APAC)市場への展望を中心にPagerDutyのこれまでとこれからを聞いた

 

APACや日本でのデジタルトランスフォーメーションとDevOps

――PagerDutyのAPAC市場でのビジネス環境はいかがでしょうか?

デジタルサービスへの期待は、「常時接続」の世界に移行するにつれて進化しています。私たちが目を覚ました瞬間から、私たちは生活をナビゲートするためのテクノロジーに依存しています。私たちは皆、Uberで出掛け、Netflixを観て、Slackで同僚とやり取りするなど、何らかのサービスを毎日使用しています。多くの場合、これはすべて仕事に出る前に起こります。

この地域を特徴づけているのは、アリババ、バイドゥ、楽天ジャパン、ソフトバンク、Grab、Gojekなどの主要なデジタルディスラプターとeコマースプロバイダーですが、過去12か月間にこれらのサービスが停止したというニュース報道が増加しています。デジタルサービスの中断に対する人々の不満がリアルタイムで放送されるため、あらゆる業界が影響を受けています。
いつでも利用できることへの期待が高まっているため、人々がブランドと出会うところでは、サービスの中断や品質低下がビジネス収益、評判、顧客の信頼に大きな影響を与え、代わりのサービスへの切り替えの引き金となることがよくあります。

その結果、サービスの信頼性を管理し、開発者がサービスを革新するための、組織化され自動化されたアプローチの必要性は、APACや日本の急速に成長するデジタル中心のビジネスにとって、これまで以上に重要なビジネスになりました。DevOpsのアプローチと文化(開発と運用の機敏な関係)を採用することは、ますます要求が厳しく消費者の期待が高まる環境でサービス中断のリスク増大を緩和するために企業が採用できる戦略です。

PagerDutyの旅

ーー先日いよいよNASDAQへの上場を果たしましたね。

今年4月にNASDAQに上場して以来、PagerDutyは24時間デジタルサービスを維持し、問題をより迅速に―理想的にはリアルタイムで―解決する必要のあるチームを編成するための支援を続けています。

デジタルサービスとITインフラの複雑さが増していることから、PagerDutyのデジタルオペレーション管理プラットフォームを通じて、現在1万2000社以上のお客様をサポ​​ートすることに引き続き注力しています。

APAC市場でのPagerDuty

――今後の日本を含むAPAC市場の見通しはいかがでしょうか?

PagerDutyは、エキサイティングなAPACや日本市場全体で、お客様やユーザー、パートナーシップ、従業員チーム、投資を成長させています。この地域の顕著な成長は、数多くの挑戦者によるデジタルディスラプションとeコマースに牽引されています。

今年のeエコノミーレポートによると、同セクターは最大かつ最も急速に成長している分野であり、現在は380億米ドルの価値があり、テクノロジーがこの驚異的な成功をもたらしています。世界で最も急成長している地域として、2019年の世界成長の3分の2以上を占めるアジアの地位を考えると、開発者の需要の急増は驚くべきことではありません。エンジニアは革新的なモバイルアプリ開発の仕事を求めており、その結果、この地域は急成長するテクノロジーハブとして認識されています。

 PagerDutyは、この地域の成長とサポートを続けていくことに喜びを感じています。


【PagerDutyの特徴】

  • 機械学習とAIを使用して、同様のアラートをグループ化することでノイズを削減し、担当者が重要なことに集中できるようにする
  • 適切なタイミングで適切なリソースへのインシデントのルーティングを自動化
  • リアルタイムのインシデント認識と完全なコンテキストを提供し、担当エンジニアとビジネス関係者が迅速かつ効果的に対応を調整できるようにする
  • さまざまな監視、カスタマーサポート、セキュリティ、サービス管理などのツールとのインテグレーションによる堅牢なエコシステムがあり、担当者が好みのツールで作業できる
  • インテリジェントな事後評価で運用対応を学習、ベンチマークし、改善や自動化につなげる

Alex Solomon(アレックス・ソロモン)

Alex Solomonは、PagerDutyの共同創業者で現CTO。創業者CEOとして2009年にPagerDutyを創立した。創業から製品の市場適合、複数ラウンドにわたる資金調達、会社の中核機能の構築、製品ビジョンの拡大などで会社の成長を導いた。PagerDuty創業以前はAmazonのソフトウェアエンジニアとして、同社のサプライチェーンの大規模システムを構築、保守していた。ウォータールー大学ソフトウェア工学専攻。